昔から本を読むのは苦手だった

本を読むのは苦手だったあの頃の自分に音楽を聞かせてください

ミヤが注目する6月の曲

6月も終盤、篠突く雨が続く中

雨にぴったりな曲コーヒー一杯でもあれば、

より良い生活が送れるのになぁと感じている今日この頃

 

(私はコーヒーが飲めません)

 

6月のテーマは

『雨にぴったりな曲』です!(シンプル!)

 

うんざりする雨の日も乗り切りましょう

 

 

  • Marian Hill - Down

“Are you down?”という単純なフレーズと、最初から最後まで同じピアノ伴奏を繰り返すだけなのに、どのジャンルにも区分けされない深みがある。

 

  • Nicki Minaj - Bed ft. Ariana Grande 

雨降る街を歩きながらこの曲を流すと、日常生活が一躍映画の世界へと早変わりするスグレモノ。ポップのクイーンとラップのクイーン、待望のコラボレーション。今年リリースされた中で、最もお洒落なチル・アンセムといっても過言ではない。

 

  • Marshmello - You Can Cry ft. James Arther, Juicy J

雨降る中歌うシーン、白い部屋で喧嘩するシーンなど奇抜なPVはMarshmelloらしい世界観。ジェームズ・アーサーの澄んだ高音と、ジューシーJのヘヴィーなラップが、雨の日特有の鬱々とした気持ちを忘れさせてくれる。

 

  • Elle Fanning - Moon River (Remix) ft. A$AP Freg 

ティファニーで休日を』でオードリー・ヘップバーンが歌っていた“Moon River”から五〇年以上の時を経て誕生したこの曲。『マレフィセント』でオーロラ姫を演じたエル・ファニングと、アンダーグラウンドで活躍するラッパー、エイサップ・ファーグのコラボレーションが熱い。

 

  • Camila Cabello - I Have A Question

カミラのソロ曲は、アンニュイな曲よりも明るい曲の方が目立つが、どの曲もよく作り込まれている。特にデビューシングルのCrying In The Clubと同日リリースのセカンドシングルI Have A Questionは5H時代には無かった落ち着いた曲調。

 

  • Noah Cyrus - AGAIN ft. XXXTentacion

マイリー・サイラスの妹ノアと悪魔崇拝大麻、自殺を匂わせる曲が多かったラッパーXXXTentacion。彼女たちが紡ぐ“AGAIN”は、どこか切なくセンチメンタル。この組み合わせは、かつてKOHHと宇多田ヒカルが一緒に曲を出したことを彷彿とさせるような意外性を持つ。

【追記】

私がちょうどこのブログを執筆していた6/19(火)に、XXXTentacionさんの訃報に接しました。お悔やみ申し上げます。

 

  • Gorillaz - Andromeda (Bonobo Remix) ft. D.R.A.M.

D.R.A.M.といえばリル・ヨッティとのコラボで一躍有名になったラッパー。本日(6/21)、幕張メッセで公演予定のロックバンドGorillazと共同で制作した音源“Andromeda”は摩訶不思議な雰囲気で、クセが強い。Bonoboのリミックスはポップに寄せたものとなっている。

 

  • Gabrielle Aplin - Panic Cord (Hacci Remix) ft. Hacci, G Frsh

日本とも親交が深いシンガー、ガブリエル・アプリンの代表曲をG Frshがダークな雰囲気で乗せる、まさに雨の日のための曲。

 

 

梅雨がある国は多くありません

煩わしく思わず、むしろ楽しむくらいの気持ちで毎日を過ごしたいものです

 

ミヤでした

 

ミヤ on Twitter